ガラス交換をすることで台風の二次被害を防げる。

業者にガラス交換を依頼する時はこれを知っておくと安心!

窓ガラスに異変が~ガラス交換の流れ~

作業員

窓ガラスが割れてしまったら、ほとんどの人がガラス交換を依頼するでしょう。ガラス屋では次のような流れでガラス交換を行ないます。

ガラス屋が行なうガラス交換の流れ

交換するガラスのサイズを測る

まずは修理・交換を行うためにガラスのサイズを測ります。この時に、木枠やアルミサッシ枠はサイズに含めず、ガラスの部分だけを測ります。縦横のサイズが分かれば、ガラス交換サービスの正確な見積もりを出すことができます。

問題があったガラスを外す

ドリルやドライバーを使ってサッシの下に付いているネジを外します。そしてサッシを分解して、ガラスを取り外していきます。ガラスを取り外したら、カッターでゴム押さえを外していきます。

採寸したガラスをはめ込む

新しいガラスは交換吸盤を使ってはめ込んでいきます。カットされただけのガラスは切り方が粗く、周りが鋭く尖っているためガラスの切断面を滑らかにしたり、角を落としたりしていきます。そうすることで、ゴム押さえとしっかり接着されます。

確認してガラス交換終了

ガラスをサッシにはめ込んだら、窓枠に取り付けます。窓の開け閉めがスムーズにできるかなど、細かい所までチェックします。もし不具合があれば、その場ですぐにまたガラス交換作業をやり直します。

ガラス屋なら心強いので安心です

窓ガラスが割れた時はすぐにガラス屋にガラス交換を依頼しましょう。ガラス屋なら次のような対応をしてくれます。

やっぱりガラス屋に依頼して良かった


電話してすぐに来てもらえますか?
ガラスが割れるとその破片で怪我をしてしまうかもしれないので、すぐに修理をしなければと焦ってしまいますよね。作業員は修理道具とガラス板を積んだ専用車で巡回しているので、作業員が近くにいる場合は最短で15分で到着します!
その場でガラス交換を依頼できますか?
業者にはサッシを一度持ち帰って、ガラスをはめ込んでからお客様のご自宅へ持って行くというところもありますが、中にはその場でガラスを切って取り付けてくれるところもあります。お急ぎであればそういった業者を探すといいでしょう。
割れたガラスはどうしたらいいですか?
割れたガラスは、ガラス交換業者がほうきやちりとりを使ってしっかりと処理します。自分で割れたガラスの処理をしようとすると怪我をしてしまう可能性もあるので、ガラスはそのままにしておいてください。

台風対策の重要性

台風の時は多くの人が暴風雨による被害への対策をするでしょう。しかし、一番注意しなければならないのは二次災害です。具体的な例を挙げると、台風による暴風雨でガラスが割れて怪我をしてしまうというケースです。また、ガラスが割れてしまうと怪我をしてしまうだけでなく、割れた窓から入ってくる雨によってテレビやパソコンといった電化製品が故障してしまうということも考えられます。こうした二次被害を防ぐためにも、窓ガラスの台風対策をする必要があるのです。

TOPボタン