ガラスの種類を把握してニーズに合ったガラスを選ぼう。

業者にガラス交換を依頼する時はこれを知っておくと安心!

ガラス屋で扱っているガラス

室内

ガラス屋では様々なガラスを扱っています。扱っているガラスを紹介するので、特徴を把握して自分の生活に必要なガラスと交換しましょう。

ガラス屋に聞いてみました、ガラスの種類

割れても怪我をする可能性が低いガラスはありますか?
強化ガラスであれば、割れても怪我をする可能性が低いです。別名「安全ガラス」とも呼ばれています。強化ガラスは通常のガラスよりも3~5倍の強度があり、割れた時は粉々になるので破片で怪我をするリスクも低いです。
外から見られないガラスと交換したいです。
それなら型板ガラスがおすすめです。片面が凸凹している半透明なガラスで住宅用に使われることが多いです。ある程度の視界を妨げることができるにも関わらず光をしっかりと取り込むことができるので、人目が気になる浴室やトイレに向いています。
防犯効果の高いガラスはありますか?
2枚のガラスの間にフィルムや特殊な樹脂を挟み込んだ合わせガラスは別名「防犯ガラス」と呼ばれています。合わせガラスの間に入れる素材によって防犯効果はもちろん、防音効果を発揮するものあります。
断熱効果のあるガラスはありますか?
ガラスとガラスの間に真空の層がある真空ガラスは高い断熱効果を発揮します。夏は外の暑い空気を遮断し、逆に寒い冬になると部屋の中の温かい空気を外に逃がさないので、一年を通して快適に過ごせます。

窓ガラスで変わる住宅の快適性

温かい空気というのは寒い場所へ逃げて行こうとする習性があるのをご存じでしょうか。断熱対策がしっかりできていないと、暖房を使っても部屋がなかなか温かくなりません。そうなると光熱費も高くなってしまいます。窓ガラスを断熱タイプの物に交換するだけで、その後の生活がとても快適になります。冬に温かい空気を逃がさないだけでなく夏は部屋を涼しく保つことができますし、それにより光熱費を抑えることも可能です。窓ガラスに限らず、断熱シートや断熱フィルムを使用するだけでも十分な効果を得ることができるでしょう。

TOPボタン