台風による被害を回避するためにガラス交換をしよう。

業者にガラス交換を依頼する時はこれを知っておくと安心!

台風に備えて保険に加入しておく

窓

台風による被害でガラスが割れた時に、ガラス修理を自己負担で行なう人が多いですが、窓ガラスの破損には火災保険が適用されるケースもあるということを知っておくと安心です。窓ガラスの修理に保険が適用されるのは、「台風による風圧で窓ガラスが飛び散った」「強風で飛んできた物が窓ガラスに当たってヒビが入った」という条件の場合です。せっかく補償されるのですから、万が一に備えて加入しておくと良いでしょう。

強風からガラスが割れないように

台風で窓ガラスが割れてしまうケースは多いです。それを防ぐために、次のようにしてガラスを守りましょう。

台風前に行なう対策

飛来するものからガラスを守る
台風の時は強風で色々なものが飛んできてガラスが割れてしまうことがあります。台風が多い地域に住んでいる人は、自宅の窓ガラスに雨どいやシャッターが付いているので、それで窓ガラスが割れるのを防ぐことができます。もしそれらがない場合は、防護ネットを窓ガラスの前に張っておくだけでも、窓ガラスが割れるリスクが低くなります。
家の周りのものを中に入れる
ベランダに植木鉢や物干し竿がある場合は、台風がくる前に屋内にしまっておきましょう。窓ガラスの近くに物を置いておくと、それが突風や強風で倒れて窓ガラスを割ってしまうかもれません。家の周りにあるものを片付けても、離れた場所から枝や小石などが飛んでくる可能性もあります。そういったものは先ほど書いた防護ネットで対策をしておきましょう。
ガラス屋にフィルムを貼ってもらう
台風対策は窓ガラスを守るだけでなく、窓ガラス自体を強化する必要があります。強度の高い強化ガラスへの交換は、窓が割れないようにするだけでなく、もし割れてしまっても怪我をするリスクを減らせるという点にあります。強化ガラスに交換できない場合は、飛散防止フィルムを貼るだけでもガラスが飛び散るのを防ぐことができます。

TOPボタン